日払いバイトの求人数とは果たして?

日払いバイトの求人数とは果たして?

日払いバイトの求人数を見てみると、実は結構、というより、かなり多いのが現状のようです。
日払いバイトいうくらいですから、一日働いて○○円というような形態を取ることがほとんどで、

 

なかには、試験監督といった比較的軽微なものから、
引越しの手伝いなど、体を酷使して汗水たらす仕事まで様々です。

 

気になる、お給料の相場を見てみると、6000円〜9000円程度といった金額が相場で、
仕事を終わった後に、現金で貰うという形を取ることも可能のようです。

 

ただ、実際に日払いバイトに携わっている人の数というのは、果たしてどの程度存在するのでしょうか?
これは推計ですが、3人に1人が失業しているのではと危惧されている現在、
アベノミクス効果で多少なりとも経済に刺激策が打たれたにせよ、失業率は改善していないということもできます。

 

ということは、定職を持たない労働者もまだまだ多数いるということが考えられるので、
学生を中心に、若手フリーター、兼業主婦層と、コアな働き手は充分にあるということが予想されますね。

 

そして、サラリーマンの平均日当が約5000円であることを考えれば、
日払いバイトは、“隠れた儲かる仕事”ということにはなります。

 

ただし、定職性がなかったり、稼いでも税金の支払いでいくらか取られたりと、
なかなか周囲を取り巻く環境は厳しいものがあるようです。

 

社会の常識非常識も謙虚になって考えてみると、
仕事のありがたさも感じられるのかもしれませんね。